銀行は資本金を貸してくれない?

2010/07/20 | カテゴリー: 起業全般, 経営 | タグ: , ,

Q. 銀行は資本金を融資してくれないのですか?

今日もそういう質問がありました。

創業に関する相談を受けていると、よくいただく質問です。

 

A. 資本金としては、融資してくれません。

自己資金300万円で、株式会社を設立します。このとき、銀行から500万円の融資を受けて、資本金800万円の会社の方が何となく格好良く見えます。

しかし、銀行はあくまで設備資金や運転資金として「貸付」をするのであって、出資をするわけではありません。だから、融資を受けたお金を勝手に資本金にしてはいけません(「資金使途違反」となります)。

ここで「資本金」とは、法律上の用語で、株式会社などの法人に出資された額を指します。

*個人の場合は、そもそも「資本金」という概念がありません。

銀行に新規開業融資制度の交渉を持ちかけるときに、「借りたお金は資本金にします」などと言おうものなら、準備がどれだけできていないかを晒してしまうことになります。どんな使い道でお金を融資するのか、これから折衝する銀行の制度をよく研究することをお勧めします。一般的な資金使途としては、運転資金(短期・長期)、設備資金、季節資金、納税資金、賞与資金などがあります。


コメントは受け付けていません。