ピーターパンと著作権

2010/08/06 | カテゴリー: 雑談 | タグ: ,

ピーターパンと著作権についてのメモ。

著作権保護期間の例外規定を法で定めている事例です。

初めて知りました。

●イギリス著作権法第301条 (小児病院のための規定)

 附則第6の規定は、ジェームズ・マシュー・バリー卿作の劇「ピーター・パン」又はその著作物のいずれかの翻案の公の実演、商業的発行、放送又は有線番組サービスへの挿入についての使用料の請求権を、その著作物の著作権が1987年12月31日に消滅したにかかわらず、ロンドン市グレート・オーモンド街の小児病院のために被信託人に付与することについて効力を有する。 (CRICより)

●原文 301 Provisions for the benefit of the Hospital for Sick Children

The provisions of Schedule 6 have effect for conferring on trustees for the benefit of the Hospital for Sick Children, Great Ormond Street, London, a right to a royalty in respect of the public performance, commercial publication, broadcasting or inclusion in a cable programme service of the play “Peter Pan” by Sir James Matthew Barrie, or of any adaptation of that work, notwithstanding that copyright in the work expired on 31st December 1987.


コメントは受け付けていません。