大掃除と8年間の記録

2010/11/15 | カテゴリー: 事務所ニュース | タグ:

こんばんは。小坂です。
●資料整理の週末
週末は資料整理をしていました。開業以来溜まっていた紙類を一斉に整理することにしました。いや、開業以前からため込んでいたものもあります。
対象は、次の通りです。

1.顧客ファイル内の資料・・・済分のファイルからクリアファイルは取り出し、ダブルクリップ取り外し、セムクリップ取り外し
2.情報ファイルの資料・・・思い切って使わない情報ファイル50冊以上処分
3.購入した書籍・・・70冊くらい処分
4.行政関係の冊子、パンフレット・・・扱っている業務以外のもの、最新のもの以外処分

大事に取っておいた資料ですが、実はほとんど活用していないものもあります。そこで、法で保管が定められているものは別として、使わないものを思い切って処分することにしました。

おかげで随分書棚が空いて、気分もすっきりです。
●資料整理の中で
さて、捨てるのは簡単ではありません。顧客情報、個人情報が入っていたら、シュレッダーなど、別の処分をしなければなりません。ですから、印刷物は特に注意しながら処分します。

資料をサッと見ながら捨てるのですが、必要なものは残しておきます。この作業をしながら、実にたくさんの思い出が目の前を通り過ぎていきました。

1.どんな事業をするか、起業前に検討した際の資料
2.新しい事業を模索していたときの参考資料
3.お客様、知人の掲載された新聞記事・・・これ見入ってしまいました!
4.IT技術についていくために読み込んだ資料(一見無機質な文字列ばかり)

感慨に浸りながら、資料の振り分けをしました。
一気に8年分を振り返り、今までの足跡を確認することができました。想像以上にもがいていたことが、改めて分かりました。起業年表をご存じの方もいらっしゃるでしょう。あれに書かれていないことがどれだけあったか!
●38冊のライブラリー
我が家を出た書籍のうち、まだまだ使えるものがたくさんありました。
これらは、せと・しごと塾に寄贈することにしました。みなさんが集う場所に、ライブラリーを作りましたので、気になる方は相談日にお問い合わせください。38冊持っていきました。超お勧め本もいくつかあります。これらはあえて売らずに取っておきました。そのほうが有効活用してもらえそうです。

起業当初は、とにかく書籍を買うことができませんでした。業務をこなして報酬をいただき、その半分を書籍代や事務用品、備品を整えることに決めていた時期もありました。契約書等の参考書やコピー・FAXの複合機などは、開業してから整えることができました。
今では書籍をお手軽に買うことができるようになりましたが、大量の本のおかげで、起業当初の苦労していた時期を思い出すことができました。初心忘るべからず、ですね。

特にしごと塾では同じような境遇の方も多くいらっしゃることから、ぜひお役立ていただきたいと思い、持参しました。
●8年間の重み
2002年に行政書士に合格したときの書類もありました(発表は2003年)。
問題用紙と自己採点の赤ペン、そして送付されてきた採点結果。合格点を少し上回る成績だったことを考えると、今更ながら冷や汗ものです。きれいにファイリングして、片づけました。

 

今回処分した書籍や資料を積み上げると、全部で3メートルくらいになりました。もちろん、他にもたくさん資料は残っています。
8年間という時間の重みを感じます。

その重みを感じながら、資料整理を終えました。
そして、新しくインプットをする場所を作りました。

大がかりな掃除をすると、今までは大きな仕事が舞い込んできました。
今回は特に大規模でしたので、一体どんなことが起こるのか、実に楽しみです!


コメントは受け付けていません。