キャリア教育推進フォーラムCarrier Education Promoting Forum

こんばんは。小坂です。

今日は午後から愛知県教育委員会と愛知県雇用開発協会が共催する「キャリア教育推進フォーラム」に参加してきました。キャリアに関しては、私は起業を考え始めた28歳の頃から意識し始めました。学生時代は、全くと言っていいほど考えていませんでした。何となく受験勉強をして、何となく企業に就職し、のほほんと暮らしていました。

そんな自分に分科会の講師の依頼があるというのも不思議な話ですが、創業支援で多くの方のキャリアと向き合っているという点で、何か貢献できることもあるかな、と思って快諾しました。

Good evneing!

I joined in “Carrier Education Promoting Forum” today. I have been conscious about my carrier from 28 years old. When I was a student, I don’t think of it at all. I had been studying for no purpose, and find my job without deep thought.

I was wonder why I was required. But I willingly consented because there is something that my experience of consulting (to entrepreneurs) contribute for teachers. 

分科会の前は、講話・講演がありました。なかなかこういう機会もないので、高校の教師のみなさんに混じって、話を聴かせていただきました。

まずは、「公正な採用選考に向けて」というお話で、愛知労働局の方がスピーカーでした。高校卒業生の採用活動に関して、私も知らないことが多く、驚いてしまいました。厚生労働省のサイトにも掲載されているものと同じ注意点について、解説をされました。その中身は、以下の通りです。

次のaやbのような適性と能力に関係がない事項を応募用紙等に記載させたり面接で尋ねて把握することや、cを実施することは、就職差別につながるおそれがあります。

<a.本人に責任のない事項の把握>
・本籍・出生地に関すること (注:「戸籍謄(抄)本」や本籍が記載された「住民票(写し)」を提出させることはこれに該当します)

・家族に関すること(職業、続柄、健康、地位、学歴、収入、資産など)(注:家族の仕事の有無・職種・勤務先などや家族構成はこれに該当します)

・住宅状況に関すること(間取り、部屋数、住宅の種類、近郊の施設など)

・生活環境・家庭環境などに関すること

<b.本来自由であるべき事項(思想信条にかかわること)の把握>
・宗教に関すること

・支持政党に関すること

・人生観、生活信条に関すること

・尊敬する人物に関すること

・思想に関すること

・労働組合・学生運動など社会運動に関すること

・購読新聞・雑誌・愛読書などに関すること

<c.採用選考の方法>
・身元調査などの実施 (注:「現住所の略図」は生活環境などを把握したり身元調査につながる可能性があります)

・合理的・客観的に必要性が認められない採用選考時の健康診断の実施

 

私は過去、ある企業の面接を受けたときに、家族について聞かれたことはありますね。

他にも、不適切な質問をしてはならないということでした。

マスコミでは何度「圧迫面接」を受けたことでしょう。。。あくまで今回の話は高校生ということで、大学生は違うのでしょうか。もしくは、最近このように厳格になったのでしょうか?

 

次は、大府高校のインターンシップの取り組みでした。導入当初は大変なご苦労があったようです。私は逆の立場でインターン受け入れをしたことがあります。受け入れ側もなかなか苦労します。遊び感覚で来られると、これ以上ない迷惑です。生徒さんが事前に企業と打ち合わせするプランはとても良いのではないかと思います。きっと怖いでしょうから、一つ大きな壁を突き破る訓練にもなりそうですね。

 

そして、愛教大特別教授竹内登規夫氏の「たくましく生きる力をはぐくむキャリア教育」という講演を聴きました。豊かな職業人、豊かな社会人となるためには、「知」(仕事に関する知識、技能、技術)、「徳」(人間性、社会性)、「体」(心身の健康)が必要。これは納得。ただ、キャリア教育の必要性は強く感じるものの、これを現場に落とし込むときに、キャリアカウンセラー個々に要求する能力があまりに高すぎはしないかと危惧しました。「求められる資質」が6項目(「キャリア・カウンセリングの理論・技法とともにカウンセリング諸理論と各種技法に対する知見と実践力を有していること」など)ありましたが、現場の先生一人一人が「がんばればできる」程度のものにしないと、定着しないのではないかと感じました。「キャリア教育を特別なものとして考えると重荷になる」とおっしゃっていたことからも、「資質」は少々重たい気がします。

「職業観・勤労観を育む学習プログラムの枠組み」については、非常に示唆に富んだ、素晴らしい資料ですね。小学校から高等学校まで、ステージ毎に必要とされる能力を細かく記述しています。キャリアプログラムでこれらを落とし込むことができたら、自立した子供を多く輩出することができるのではないかと思いました。

他に話の中で感じたことは、家庭の協力に関して触れられなかったことです。もちろん全体的な「キャリア教育」のフレームワークの中では存在するのでしょうが、子供の人生設計に関わる話でもあるので、学校任せにすべきではないことだと思っています。この辺りは、今回は60分という限られた時間ですので、また機会があれば全体像を見てみたいと思いました。

 

私の担当した分科会では、約30名の方が4~5名に分かれてチームを作り、ある高校生の事例を提示して、その子にどう接するかというお題を出させていただきました。非常に活発に議論いただき、幅広い観点からご意見をいただくことができました。「楽しかったよ!」と帰り際に言ってくださった方もいらっしゃいました。素晴らしい場を作ったのはみなさま自身です。本当に、ありがとうございます。

現在瀬戸市の仕事では、「創業したいという一人の市民を、複数の関係者がきちんと見てあげる」ことができつつあるかな、と思っています。セクショナリズム全開で部署ごとにバラバラの支援を行うのではなく、誰がどのような役割を果たしていて、そこに迅速に市民の情報が集まるという状況が、少し見えてきました。とても良い傾向ですね。

 

終わってみれば、自分が一番勉強になったのではないかと、感謝しています。

キャリア教育についても、少し深く知りたいと考えさせてくれました。今回はチャレンジして、得るものがとても大きかったですね。

Before my subcommitte, I heard some lectures. I have little chance to attend such a forum, so I asked to join in the seminar room.

At first, the lecture of “Fair Recruiting.” The lecturer was the person of Aichi Rabor Bureau. I don’t know there are so many points of attention about the recruiting of high school students. I was surprised. The lecturer told us the points just the same as Mhlw website.

There is a threat that it leads to discrimination if you require or ask “a” or “b” that are no relation to fitness or ability. And also if you carry out “c.”

(a) ask about matters that is no responsibility with the student himself

A permanent domicile and a birth place (* Don’t require a copy of a person’s family register)

Matters relation to family (occupation, relation, health, position, educational background, income, property, etc.)

Matters relation to rhouse (layout, number of room, kind of house, facility near the house, etc.)

Living and house environment

(b) ask about matters which should be originally free

About religion

Supporting party

View of life, a life creed

Persons respect for

Thought

Labor union, student movement, etc.

About the newspapers, magazines, books that a person read

(c) Method of recruiting

Background check (a rough sketch of present address can be background check)

Medical check that is not need objectively

 

*I was asked about my family while my job hunting (shu-katsu). 

*I had a experience of a coercive interview by the TV station.

The above rules are only for high school students???

Or it has turned to be such a strict rule recently?

 

Next, the exsample of internship of Obu high school. There were many trouble at first time.

My company have accepted internship students. If students think it enjoyable event or holiday, it is only nuisance for me.

I think it very good that the plan students theirselves go and talk to the company before internship. The students would feel fear, so it is a good training to clear their wall.

 

And next, I heard the lecture “Carrier Education that grows students’ power to live.” The lecturer is Pr. Tokio Takeuchi. 

Knowledge and Virtue and Health are needed for sophisticated worker or person.

I understand the need of carrier education. But I felt fear about the height of required level. If each carrier counselor would be required such high level, the result could not be expected. As he said, “It turns to be burden if you think it is something spacial against carrier education.” I think the required 6 quarities are large burdens…

The framework of learning program that grows the view of occupation and work is interesting. Wonderful, useful document! It describes the needed abilities for students from elementary school to high school. If they would be reflected to a carrier program and classes, they can produce many students who would become independent.

I wonder why the cooperation of the family was not touched. Surely I think it is in the whole framework, but it is very difficult for each family. The teacher offer many chances for carrier development, but the chances would be given more in the family. This time is only 60 minite lecture, I hope another chance to listen him and I want to know perspective.

 

I was in charge of a subcommittee. About 30 people were attended. I prepared an example of high school student, and the the theme of workshop was “What can we do for him?”

Very active discussion!

I received many ideas with the wide view of perticipants. Thank you for all!

 

*I work for Seto City. I have to lead many entrepreneurs to each goal or purpose. Now we gradually can see each citizen together. Supportings by many sections separately are not effective. When they are connected organically, great power will be generated.

 

In the end, though I was one of lecturers, but I learned very much.

I also become to know more about carrier education.

I challenged the kecturer of the subcommitte, and it is very precious experience for me!


コメントは受け付けていません。