断捨離の実践(部屋と仕事)

2011/05/18 | カテゴリー: 雑談 | タグ:

●テレビの断捨離特集

結婚以来、あまり物を買わなくなりました。その代わり物を捨てることもあまりなかったので、じわじわと部屋の中が狭くなっていきます。

特に起業してからは書類がすごい勢いでパイルアップされていきます。

そんなときに、断捨離特集をテレビで見ました。夫婦で見ましたが、気分が盛り上がってきました。なんだろう、この高揚感。

気分がノっているうちに書斎の整理。机も書棚もピカピカになりました。

この勢いで仕事もサクサクと。少したまっていたタスクがきれいになりました。頭スッキリ!

 

●整理と仕事の関係

いつもなぜか不思議なことに、部屋をきれいにすると新しい仕事をいただきます。今回も早速ご依頼をいくつかいただきました。ありがとうございます!

不要な私物を貯めておくとだんだんだらっとした気分になるのですが、整理すると気持ちよくなれるので、気がついたときに一気に作業します。

仕事でも、思いきって断捨離することが時に必要かもしれません。仕事のキャパシティを広げていくことは大事ですが、適度な量で良質な仕事をすることが何より大事です。

2005年に一度、ひと月の業務量の限界にチャレンジしたことがあります。毎日少し眠気を催しながら仕事をしていました。確かにキャッシュは得られますが、もっと大事なものを失っていたかもしれません。

自分の体と相談しながらでもあるので、常に完璧にはいきませんが、思いきって仕事をセーブする勇気も必要なのではないかと最近つくづく感じます。問題は、ご依頼いただいたときの嬉しさとの葛藤ですね。やはりお問い合わせをいただいたときの喜びは格別のものがあります。起業9年目になりましたが、この感覚は1年目と全く変わりませんね。

心を介して、身の回りを整理することが仕事の仕方にまで関係してくるのでしょうか。面白いものです。


コメントは受け付けていません。