シックスハット(創業プラザその2)

先週金曜日は、創業プラザあいちでアイデア出し、シックスハットのワークを行いました。シックスハットについては下記の記事を参考にしてください。

●参考:シックスハット(創業道場)

創業プラザでこのワークを行うのは2回目です。前回は結婚相談所、今回は木工教室が題材です。

1.8つのプロセス

今回は6つのプロセスを少し変更して、8つにしてみました。

1.白い帽子・・・客観的なデータ、統計、事実など(ここでは判断、提案などをしない)
2.好きな色の帽子・・・白・黄・黒・緑・赤・青のうち、好きな色を選ぶ
3.黄色い帽子・・・ポジティブな視点。プラス思考、アイデアの利点など
4.黒い帽子・・・ネガティブな視点。リスク、懸念など
5.緑の帽子・・・革新的な視点。新しい代替案、斬新なアイデア、リスクを乗り越える方法
6.赤い帽子・・・感情的な視点。直感、好き嫌いなど
7.好きな色の帽子・・・白・黄・黒・緑・赤・青のうち、好きな色を選ぶ
8.青い帽子・・・まとめ的な視点。結果のまとめ

最初から2番目と最後から2番目に「好きな色の帽子」というプロセスを追加しました。後の方は、「言い忘れていたことがあったけど、話せる場面がなかった」という声があがっていたので、それを補完するために変更してみました。

 

2.シックスハットワーク風景

ワーク風景は、こんな感じです。

あっという間にホワイトボードが埋まってしまいました。

シックスハット

前回ワーク時の2倍の量ですね。みなさん2回目でしたので、ワークに慣れてきた様子です。

シックスハット

スライドも使いながらワークをしていただきます。気分を出すために本物の帽子を用意…といきたかったのですが、名札に入れる帽子の絵を使うにとどまりました。

 

ホワイトボードへの書き込みです。

シックスハット

資料を持参してマグネットで貼り付けるのは新しいですね!

シックスハット

2つのボードを目一杯使いました。

シックスハット

最後はホワイトボードを記念撮影。写真を撮ってプリントすれば、全員が後でゆっくり振り返ることができます。付箋を使わなかった理由はここにあります。付箋よりもホワイトボードへの書き込みの方が、短時間のアイデア出しワークには向いています。

 

思考法の切り替えが実際の商品企画にも活きているという声も聴かれました。効果が出て何よりです。集団の方が効果的ですが、一人で考えるときにも活用できます。普段使わない頭を意識的に使うことができます。

また、ワーク風景を見ていて、みなさん良いチームワークだなぁとつくづく感じました。わざわざ仲間の事業のブラッシュアップのために集まってくれるのですからね。素晴らしいことです。

来月も9/9と9/14に予定されています。

楽しみですね~!


コメントは受け付けていません。