新刊「ゼロからはじめる 起業のお金 必ず知っておきたいこと100(あさ出版) 」

2011/09/22 | カテゴリー: 起業全般, 執筆 | タグ:

こんばんは。小坂です。

 

ようやく起業の本が出版となりました!!9/26発売です!
Amazonは既に在庫がありますね!

 

起業本

タイトルは、「ゼロからはじめる 起業のお金 必ず知っておきたいこと100(あさ出版)」です。

 

Facebookページはこちらです(「いいね!」ありがとうございます!!)

 

Amazonのページで購入できます!

 

<本の内容紹介>

ありそうでなかった起業家のためのお金の教科書! 
資金はどれくらい準備すればいい? 
銀行とはどう付き合えばいい? 
顧客とのお金のやり取りや税務署をはじめとする行政機関に対する納税――。

起業にはお金にまつわるトラブルがつきもの。  そのために、知っておいてほしいこと、有効な方法、考え方などを、図やシートを使って解説した書。  銀行での経験、そして数多くの起業・経営相談を受けてきた経験から学び得たこと、実際、起業家として活動してきた中で役立った知識、見つけた有効な方法が満載。 手元に1冊あるだけで、起業・事業が成功にぐっと近づきます!

<出版社からのコメント>

起業家の方に知っておいてほしい、起業前、起業時、起業後・事業運営に関するお金の知識を100項目にまとめています。税金や経理事務、会計知識などから、 元銀行員だからわかる金融機関との付き合い方、起業家としてのお金の考え方、そしてお金をかけない効果的な営業方法など、なかなか人に聞けなかったお金の話がふんだんに詰まっています。  ありそうでなかった起業家のためのお金の教科書。1冊手元にあるだけで、心強いことったらありません。ぜひ、手に取ってみてください。

 

<目次です>

はじめに 2

第1章 起業の前に考えておくお金のこと

1 会社員と起業家はこんなに違う 16
給料(定期収入)がなくなってしまう/自分の生活費を把握しておく/起業前後に必要となるお金
2 税金は自分で納めなくてはならない 18
年に一回まとめて納める/確定申告も自分で/会社をつくったら法人税を納める/会計事務所に外注するのも一つの方法
3 年金のことも忘れずに! 20
厚生年金から国民年金へ/法人にして厚生年金に加入する
4 いくらあれば起業できるか? 22
販売業か、製造業か/一年分の生活費を確保しておく /逆算して資金を貯めていく/生活費は融資してもらえない
5 個人事業か、会社を起こすか? 26
個人事業か、法人化するか/フランチャイズ加盟を検討する/仕組みを十分に理解したうえで
6 三つの財布を使い分ける 30
仕事・個人・家計の財布/お金が貯まる体質をつくる
7 お金を中心に事業計画書をつくる 32
事業計画書をつくる二つの目的/四つの表で計画を立てる
8 生活レベルを維持するのにいくら必要か? 34
家計と収入/忘れた頃に発生する費用もある/突発的に発生する費用の考え方
9 事業運営にどれだけお金がかかるのか? 38
事業で使うお金を予測する/一覧表にして漏れなく計上する
10 いつ、どれくらいお金が必要なのか? 42
家計とビジネスの支出を合体させる
11 起業後はいくら稼げばいいのか? 44
いよいよ売上計画を立てる/自己資金が枯渇しないように/追加融資がないことを前提に/売上予測の確実性を高める
12 口座をどこに開くか? 48
支店が多い銀行がいい/会社の口座を開くとき /屋号付きの個人事業口座の開設

第2章 起業に必要なお金のこと

13 起業にはどんなお金がかかるのか 52
初期費用はいくら必要か/退去費用も忘れずに
14 創業資金と運転資金 56
必要な資金を整理する/目標売上げを実現するために
15 事務手続きにはどんな費用がかかるのか 60
会社を設立する場合/個人事業で始める場合/その他事務手続きに要する費用
16 許認可事業にかかるお金は? 62
許認可が必要かどうか調べる/資金がなければ許可されないことも
17 仕事環境を整えるのに必要な資金はどれくらいか? 64
場所にかかる費用/職場環境を整えるための費用 /設備資金が足りないときは
18 仕事を回すのに必要な資金はどれくらいか? 68
代金はすぐには入ってこない/手形取引の場合は /現金取引と手形取引の違い/資金繰りの計画を立てる
19 固定費はどれくらいか? 72
固定費は極力抑えたい
20 起業にかかる費用を一覧表にしてみる 74
事業と生活を維持するために必要なお金

第3章 起業資金を用意する方法

21 自己資金をもっていないと起業できない? 78
自己資金の目安/自己資金が足りないときは
22 借入金と出資金の違いは? 80
借入れには「借用証」をつくる/会社をつくって出資してもらう
23 融資を受けるか受けないか 82
四項目で判断する/すぐに追加融資は受けられない
24 どうすれば融資を受けられるか 84
資金使途は何か/融資を受けやすくするために/株式会社のほうが融資を受けやすい?
25 保証人なしでお金を借りられる制度もある 88
「無担保・無保証」の制度
26 融資の利息・金利について知っておこう 90
事業資金は「元金均等返済」/固定金利か変動金利か
27 不動産担保が条件の融資は? 92
必ず返済するという意志をもって/不動産担保の制約
28 連帯保証人をどうするか? 94
融資の申込みや不動産賃貸の際に必要/連帯保証人の選び方・頼み方
29 返済を延滞するとどうなるのか 96
「経営再建計画書」の提出/ただちに全額返済?
30 資金計画を立てよう 98
資金調達スケジュールを立てる

第4章 できるだけお金をかけずに起業する方法

31 欲しいものをすべて買ってみると… 102
買いたいものを挙げてみる
32 必要な資金と手持ち資金を比較する 104
実際に調達できる資金は?
33 資金計画のリストラでぜいたくを排除する 106
理想から現実へ/サービス業なら小資本でスタートできる
34 自宅をオフィスにする 108
固定費が抑えられる/顧客を呼びにくい
35 事務所の設備費用を抑える 110
本当に必要なものかどうか/三つのリストラ策
36 商品の在庫をどこに置くか 112
在庫の保管方法/商材によって保管方法は異なる
37 人を雇わず一人でやってみる 114
一人でやるメリット/人を雇うタイミング
38 外注をできるだけ減らす 116
自分でできることは自分で/外注するときの注意点

第5章 会社を設立するときに考えておくお金のこと

39 会社をつくると決めたなら 120
どんな組織にするか
40 株式会社を設立するにはいくらかかるのか 122
資本金はいくらにすればよいのか?
41 会社設立の手続きを依頼するときの費用は? 124
手続きの煩雑さによって異なる/電子定款対応なら費用を抑えられる
42 給料はいくらにするか 126
役員報酬を決める基準/社員の給料をいくらにするか?/家族の給料を支払う場合の注意点
43 従業員を雇ったときにかかるお金は? 128
労働保険料と社会保険料が発生する
44 ボーナスの額はどう決めるか 130
世間の水準はどうか?/退職金の準備は?
45 残業手当などはどうやって決めるのか 132
基本的な手当の種類/時間外手当と休日勤務手当は義務
46 お金の規定も忘れずに 134
給与規定などを定める
47 赤字でも納めなければならない税金がある 136
最低でも七万円納める/代表者個人には所得税がかかる

第6章 できるだけお金をかけずに営業する方法

48 まず、経営理念を掲げることから始めよう 140
経営理念がもつ五つの効果/経営理念のつくり方
49 ホームページを有効に活用する七つの方法 142
「起業」を広く知らせる/実際のホームページの効果
50 ブログで知名度をアップさせる 146
顧客満足につなげる
51 ツイッターを活用して「起業」を知ってもらう 148
ビジネスシーンでの活用法
52 フェイスブックなどSNSで顧客を広げる 150
商品やサービス情報を載せる/知り合ったばかりの人と親しくなれる
53 ホームページのアクセス解析で潜在顧客をつかむ 154
新しい顧客はどこにいるか/解析しなければホームページの効果は半減
54 効果的な名刺のつくり方 158
仕事につながる名刺/名刺に情報を満載する/個性的な名刺をつくる
55 ビジネス交流会を積極的に活用する 162
話を準備してから参加する/起業の足がかりをつくる

56 キャッチフレーズでイメージアップする 164
商品・サービスをひと言で表現する/効果的なキャッチフレーズ/名刺にキャッチフレーズを入れる
57 プレスリリースを活用して無料で広告してもらう 166
記事としてとり上げてもらう
58 チラシで爆発的な申込みを生む 168
顧客にアクションを起こしてもらう/入居率五〇%が一挙に一〇〇%に
59 メーリングリストで情報を集める 172
起業に関連する情報を得る/仕事上のアドバイスをもらう
60 「口コミ」「リピート」を広げる 174
「最強」であり「最恐」にもなる口コミ/リピーターを増やす

第7章 起業後に必要なお金に関する事務

61 注文を受けたら見積書を発行する 178
きちんと支払いを受けるために
62 契約書を作成し締結してからビジネスを始める 180
約束事を書面にする
63 請求書を発行する 182
後払いの取引のときに
64 領収証を発行する 184
費用の内訳も記載する/三万円以上には印紙を貼る
65 売掛金の管理をする 186
販売前から対策を練っておく/法的手段をとることもある
66 買掛金を管理する 188
支払いを忘れると信用問題に/買掛金の管理方法/
下請法に注意する
67 現金、小口現金を管理する方法 190
「仕事」と「個人」のお金を分ける/三つの方法で管理する/小口現金の扱い方
68 手形、小切手を管理する 192
不渡りに注意する
69 お金にかかわるトラブルの対処法 194
起業家を襲うお金のトラブル

第8章 起業後に必要な会計・経理のこと

70 会計・経理の実務とは? 198
取引を記録する/会計ソフトを使って管理する
71 伝票を作成する 200
会計記帳の準備をする
72 おもな勘定科目は覚えよう 204
個人事業と法人での違い
73 帳簿は目的によって使い分ける 206
現金出納帳はノート式で
74 各種帳簿の賢い管理法 208
帳簿は戦略的に活用する/各帳簿の使い方・管理方法
75 会計ソフトを使おう 210
会計ソフトで何ができるか/会計ソフトの選び方
76 月次決算をしよう 212
月次決算とは?/月次決算をすべき会社
77 給料を支給する 214
事前に必要な届出を行う/給与から天引きする/給料支払い後に行う事務
78 源泉徴収手続きを行う 218
源泉徴収とは?/源泉徴収を行う三つのケース/源泉徴収手続きの流れ
79 年末調整の事務を行う 220
所得税などを再計算する
80 決算書を作成する 222
貸借対照表と損益計算書をつくる/決算整理仕訳を行う/税務申告書類を作成する
81 貸借対照表の読み方を知っておこう 224
財務状態を知るために
82 損益計算書の読み方を知っておこう 226
経営成績を知る
83 税務申告を行う 228
決められた期限内に確実に
84 税金が納められないときには 230
滞納には厳しいペナルティが
85 官公署へ届け出る 232
起業に必要な届出書類
86 借入金の管理をする 234
借入金の種類/残高管理を徹底する/代表者個人からの借入金
87 資金繰りの管理方法 236
資金繰り表をつくる/資金繰り表の活用法

第9章 最低限知っておきたい税金のこと

88 個人事業の確定申告の手続き方法 240
個人事業の「決算日」は一二月末/書式に基づいて申告する
89 青色申告って何? 242
個人事業の青色申告のメリット/法人の場合のメリット
90 事業に関する税金にはどんなものがあるか 244
おもな税金の種類
91 経費になるもの・ならないもの 246
「経費で落とせる」とは?/交際費か会議費か?
92 節税と脱税の違いは何か? 248
納税額以上に現金が減ることもある/融資を受けている場合は要注意
93 所得税と法人税の違い 250
法人と個人事業で異なる課税方法
94 法人地方税とは? 252
会社の所在地によって変わる
95 消費税はどのように課税されるのか? 254
原則課税と簡易課税がある/ 消費税が免税される事業者とは
96 印紙税がかかるのはどんなとき? 256
収入印紙で納税する
97 登録免許税とは? 258
開業登録時にかかる税金
98 関税はいつ納めるのか? 260
輸入通関手続きの際に納める税/輸入に許認可を要する場合
99 固定資産税がかかるものとは? 262
不動産、償却資産にかかる税金/償却資産? それとも経費?/減価償却とは?
100 会計事務所に業務を依頼するかどうか 264
顧問税理士は必要か? /報酬の水準は?/丸投げしてはいけない/何を依頼するのかを明確に

以上100項目あります。
今回は起業の中でも「お金」にまつわる部分に焦点を当てて執筆しました。これから起業する方は、少なくとも10項目くらいは活用できるノウハウがあると思います。
またみなさまの知りたいことなどを書籍化できればと思いますので、ご意見どしどしお寄せ下さい!
*今回のジャケットは、Facebookで事前に人気投票して最も得票数の多かったカラー「赤」に決まりましたよ!みなさまご協力ありがとうございます!


  1. picopoco
    2011 年 9 月 23 日 09:15

    こ、これは・・・、お聞きしたかったけど、何をどう聞けばよいかわからなかったことが、ほとんどすべてモーラされているような・・・感じです。

  2. 2011 年 9 月 23 日 09:32

    picopocoさんおはようございます。1項目2ページ程度なので、詳細の分野のイントロと捉えていただければと思います。とりあえず起業に関係するお金の視点は少し広がると思います。

コメントは受け付けていません。