地元経営者を囲む座談会(せと・しごと塾)

2012/09/27 | カテゴリー: 講演会, せと・しごと塾 | タグ:

タイトルのように書いてしまうと、瀬戸市ですし、なかなか田舎くさくなってしまうのですが、楽天で2004年から2009年まで6年連続「ショップオブザイヤー」を獲得した会社の社長を囲んでの座談会でした。

せと・しごと塾

まずは今日が誕生日という「くるみん」こと5期生胡桃澤さんの誕生日を祝う時間。そして○○歳になった感想をスピーチしなければならないという、相変わらずのスタートです。胡桃澤さんは「暖炉用の薪」の販売を計画しています。

せと・しごと塾

座談会がスタート。司会は小木曽さん。話をお聴きするのは「ねいる屋さん」を経営する松尾社長です。名前の通り、ネイルアートに関するグッズを販売しています。事前に寄せられた質問は、A4用紙裏表びっしりになっていました。

私のB5ノートにメモを書きましたが、6ページに渡りました。今回は非公開のイベントということもありますので、具体的な質問・回答内容については記載を控えさせていただきます。

2時間の座談会、全体を通して、松尾社長のお客様を大事にしている気持ち、そしてスタッフとの一体感が伝わってきました。世界にネイル関連商品を販売する活躍をしながら、地元での雇用も生んでくださっております。私も瀬戸在住の一人として、たいへん嬉しく思います。

せと・しごと塾の塾生のみなさんの質問にもしっかり答えていただきました。私自身も大きな刺激を受けて帰ってきました。もっと「お客様に商品(サービス)のことをしっかり伝える」ということをしなければなりませんね。伸び伸びになっているホームページ全面リニューアルを本気で実行したくなりました。来年4月には全面改装したいものです。それまでにしっかりと企画を練っていきましょう!

瀬戸蔵

ところで、今日の瀬戸蔵はこんな飾り付けになっていました。

瀬戸蔵

瀬戸蔵

招き猫!

☆おまけ
ネイルの話を家でしたわけではないのですが、今日の夕方、娘もこんなネイルアート??を披露してくれました。

これもネイルアート?

10年後、20年後には本物のネイルアートをすることになるのでしょうかね??
その時は「ねいる屋さん」を利用することになるのかな?


コメントは受け付けていません。