2012年総括<3月・創業プラザ勤務終了編>

2013/01/04 | カテゴリー: 事務所ニュース | タグ:

<2012年3月>

さて、3月です。8年続けた創業プラザあいちでの勤務が終了します。ここでの経験は実に貴重なものになりました。尊敬する起業家も多く輩出しましたし、全く起業と関係ない、行政への苦情のような、困ってしまう相談もありました。いずれにしても、「聴く」ということに関して、私に耐性をつけてくれました。「まずは聴く」という姿勢を意識するように努めてきました。相談者が望むことばかり言っていては職務放棄なのですが、意見を求められて言うと拒否される場面も数多くありました。「アドバイス」も、受け入れる準備が整っていなければ単なる「指摘」や「批判」に聞こえてしまいます。だからと言って、この仕事では、耳ざわりのよいことばかり話そうとは思いません。起業支援の仕事では、相談者が持っている夢を叶えるために、ベストだと思えることをこれからもお話しできたらと思います。

51.出版社の担当者と打ち合わせ
現在書店に並んでいる3冊(1冊は旧版なので、それは除いて)の現況をお知らせいただきました。起業本はよく売れているとのこと(年末時点で3刷となっています)。引き続き情報のアップデートに力を入れていきたいと思います!

52.企業研修関係者懇親会
私が2010年まで務めた上場企業の契約研修に関与しているみなさまの懇親会が行われました。この仕事を辞めてからもお誘いいただけるのは光栄ですね!
書籍は引き続き現在でも研修資料としてご購入いただいております。その書籍に関する感想やご要望などもお聞きして、将来の改定に役立てることができます(売れ行きが良ければの話ですが)。

53.ホテルから外国人の法人設立・日本での起業相談?
電話を受けたとき「なぜホテルから?」と驚きました。今まで仕事のお付き合いもなかったのに、お客様のご紹介?
不思議に思っていてお聞きすると、たまたま宿泊していた方がフロントに「日本での事業立ち上げが分かる専門家はいないか?」と尋ねたようで、わざわざインターネットで担当の方が調べて、検索に登場したのが私の事務所だったようです。「Face to faceでRight now相談したい!」ということで、名古屋の北の方で仕事をしていて帰ろうとしていたときに連絡をもらい、午後からは創業プラザあいちでしたが、お昼休みの時間をつぶせば当日相談可能、ということで、名駅近くのそのホテルで面談。結果は、「現状では起業は困難」ということになりました。でも日本での事業立ち上げの仕組みはご理解いただけた様子です。

54.最後の「あいち創業塾」
創業プラザあいちでの創業塾、私の担当は最終回でした。この日は女性ばかりの参加でした。創業プラザあいちでは女性起業家が気軽に来られるようにしようと2004年の就任時から事務局のみなさまとお話をしていて、これに関してはかなり貢献できたと思います。口コミで創業プラザあいちを紹介されてやって来たという女性が数多くいらっしゃいます。いきなり飛び込んでくる方もいらっしゃいますが、やはり誰かの紹介・推しがなければ、無料とはいえ抵抗があるのかもしれませんね。

55.有限会社9周年!(3月3日)
2003年の3月3日に設立した(有)起業経営研究所が、9周年を迎えました。早いものですね。起業前を考えると、夢のような世界が待っていました!世界が一気に広がり、それが持続している感じですね。引き続きみなさまのお役に立てるよう、精進したいと思います。
この日はちょうどひな祭りということで、家族でパーティーもしました。娘は着物姿も披露。元気いっぱいでした!
有限会社設立から9年!
(娘も祝ってくれましたよ!)

56.大震災から1年
残念ながら現実に起こってしまった大震災。3月11日で1年が経過しました。
大震災から1年
今後の自分の生き方、仕事の仕方をどのようにするか、よく考えさせられる1年でもありました。2012年に娘との時間を長く取るようになったのも、震災の影響です。今をもっと大事に生きなければ、後悔してしまうでしょう。何かを得れば、何かを失うことになりますが、そう考えながら過ごした2012年は私にとって印象深い年となりました。

57.シックスハット講座

創業プラザあいちでの講座です。この日初めて参加してくれた方も多く、企画してよかったと思っています。起業家として事業アイデアをどのように出していくか、そもそもの発想を豊かにする訓練が、日本の起業風土を底上げすると信じています。シックスハットに関しては、現在はせと・しごと塾でクローズドの講座を行っていますが、2013年は、他の思考手法と組み合わせた起業家脳講座が実施できると思います(ブレーンライティングとか1分間アイデア創出プログラムとか)。ご興味のある方はぜひお問い合わせください!

シックスハット講座の様子

58.ホームページリニューアル企画
毎年のように企画はするのですが、4月以降は週2回の創業プラザあいちの仕事が終了するので、積極的に業務を受託しなければなりません。とはいえ、週1回大学に行くことにしたので、仕事を取り過ぎてもパンクしてしまいます。そのコントロールが難しい中、ホームページの計画を立てていました。結果、起業支援の分野に関して、種まきは随分できたようです。情報を届けたい人に届きつつあるなぁと感じます。
他は課題だらけですね。2013年に持ち越しです。

59.鉛筆の持ち方を矯正
ホームページの企画をした同じ日(3/12)に、鉛筆の持ち方を矯正したという記録が残っていました。速記するとき、昔から中指の位置がおかしいのですね。その方が書きやすいとはいえ、娘も真似をすることを考えると、やはり矯正した方がよさそうです。今後は急ぎの時を除き、ちゃんとした持ち方をしようと誓った日でした。これ、なかなかストレスになりますよね。

60.起業本、増刷の連絡!
ゼロからはじめる起業のお金必ず知っておきたいこと100」(あさ出版)の増刷が決定しました!2012年はもう1度増刷することになり、嬉しい結果となりました。私としては、単価が安いとはいえ、契約本みたいには売れないだろうと考えていましたが、出版から1年ちょっとで軽く追いつきました。現在既に出版(市販)されている4冊の書籍すべて合わせると約2万冊が刷られています。何かちょっと信じられないような数字ですね。ありがたいことです。

61.起業支援プログラムの企画
幅広く情報収集を始めました。早稲田のプログラムなど、国内で行われている支援プログラムを研究しました。今の自分にできること、そして足りないことを考えてみましたが、やはり支援担当者のネットワークですね。国内のプレーヤーの得意分野を知り、総合力で支援体制を作っていきたいと強く思いました。

62.新しい名刺発注
2012年も、名刺を新調しました。
2012年4月バージョン名刺
発売となった書籍が増えたのと、3月で創業プラザあいちの仕事を終えることから、新しいものに変更することにしました。

63.瀬戸市の創業支援セミナー
せと・しごと塾の紹介もしつつ、起業についての講演を行いました。40名の元気な方にご参加いただき、この参加者の中からせと・しごと塾5期生も誕生しました。起業によって生活設計したい方、現在の生活の中で何か地域の役に立つことを実践したい方、想いは多種多様ですが、いわゆる上場を志向するようなベンチャー企業だけでなく、ごく普通の起業を私は応援していきたいと思います。起業を考えることを通じて、主体的に働くことを考え、それを通じて、いまの仕事・そして将来のキャリア設計に活きることがきっと多くあるでしょう。
●参考:せと・しごと塾

64.英語のフレーズ学習開始
本格的に、英語の表現を覚え始めました。仕事で使うような英語のフレーズを空き時間に暗記するスタイルで始めてみました。3月は、電話の表現が中心でした。簡単な単語ですが、フレーズをまとめて覚えないと、実際に話すことができないのです。
(例)Who in sales do you want to talk to? など、単語は知っていても、いざ話したいときに出てきません!

65.似顔絵の技術
2012年は、今まで避けて通ってきた分野にチャレンジしてみよう、ということで、英語もそうですが、「絵」にもチャレンジしてみました。Twitter(&FB)仲間でお絵かきを本職にする方から描き方を教わって、とにかく何回も繰り返し描いてみることにしました。ちょうど娘が生まれてからずっと育児の写真日記をつけてきたのですが、イラストも一緒に描いていきました。「なるべく線を減らす」ことを意識して、時間をかけずに漫画風に描けたらなぁと思います。

66.起業後軌道に乗ったというご報告
創業プラザあいちで印象に残っている相談者です。本当に最初は暗い顔でご相談にいらっしゃったのですが、「今年3か月で昨年の収入を超えた」ということで、「アルバイトをやめて、完全に独立して食っていけるようになった」という嬉しいご報告を受けました。
「お話したことがきっかけで、行動するようになりました。おかげできちんと生活できるようになりました。」と言っていただきました。
起業支援の仕事では、まさにこういう人を一人でも増やしていきたいと考えていますので、最高の報告ですね!

67.創業プラザあいち送別会
60名を超える関係者のみなさまにご参加いただきました。当日参加できない方からも多くのメッセージをいただきました。
創業プラザあいち送別会
創業プラザあいちでは2004年から8年間、新事業コーディネーターとして、1100人を超える相談者とお会いし、6,300件の起業&経営相談を受けてきました。引き続き就任のご依頼もいただいておりましたが、2012年は家庭の時間、大学に通う時間を捻出しなければならないということで、お別れをすることに決めました。
みなさまからいただいた寄せ書きも宝物になりました。またご縁があれば、力を尽くしたいと思います。


コメントは受け付けていません。