2012年総括<7月・しごと塾第5期開講編>

<2012年7月>

2012年の大きな挑戦、せと・しごと塾での能力開発コンテンツをお披露目するときがやってきました!準備に多大な時間を要し、知識・ノウハウのインプットも同時に行っていたので、なかなか大変な時期でした。でも、得たものは大きく、成果も十分出たと自負しています。この辺りについては、2013年2月の講演と、せと・しごと塾の総括で詳しく述べたいと思います(現在せと・しごと塾第5期のまとめ作業中です)。
では、7月編、いってみましょう!

106.せと・しごと塾第5期開講!

いよいよせと・しごと塾も5期目が開講となりました。5期生は18名が入塾、半年間の支援プログラムがスタートしました。最初はドキドキしていたみなさまも、1日の終わりにはすっかり打ち解けていました。講座やワークが盛りだくさんの7月が始まります!
せと・しごと塾第5期開講式
増岡瀬戸市長も激励!その後、私もあいさつさせていただきました。
名刺交換ゲーム!
恒例の名刺交換ゲーム。ここで笑顔が弾けます!

第5期から情報発信をしていこうと思い、私が携わった講座に関しては、なるべく当日中に写真と文章を掲載するようにしました。
●参考:せと・しごと塾第5期開講!

107.ソーシャルメディアガイドラインの研究
FacebookやmixiなどのSNSやTwitter等のコミュニケーションツールを利用する際に、個人が所属する会社や取引先などの秘密情報を漏えいしてしまう可能性があります。企業として従業員のソーシャルメディア利用をどのように管理するかということが課題になりつつあります。この情報収集に努めました。

108.English Business Meeting
英語での勉強会たまたまお誘いを受けて、英語Onlyのミーティングに参加することになりました。第1回目は自己紹介、今後の運営について。英語だけの2時間、極めて濃密な時間でした。
●参考:English only meeting

109.起業家スキルアップ講座を実施!(せと・しごと塾)

せと・しごと塾で「起業家スキルUP講座」を実施しました。第5期の新カリキュラムです。思考フレームワークを身につけることで、7月後半からのグループワークの充実、さらには起業家としてのアイデア創出能力、事業立案能力を高めていくのが狙いです。

まずは3チーム、チーム名を5分で決めていただくというワークからスタートです。ただチーム名を決めるのではなく、「メンバーの共通項を探して、名称を決めてください」というものです。そして3チーム、決まったのが、「ハッピーファミリー」「犬めがね」「世界を目指す既婚者」です。これ、すべて2つの要素が入っていますね。お見事です!

次に、ブレーンライティングを体験していただきました。今回は、みなさま初めてとのこと。お題は「チームに200万円の資金が与えられました。これを、1年で1,000万円に増やす方法を考えてください。」というものです。まずそれぞれ配布したシートの最上部3か所に自分のアイデアを3つ書き、3分経過したら、時計回りに隣の人にそのシートを回します。シートをもらったら、2段目に、前の人が書いたアイデアを改良するようなアイデアを加えていきます。写真は4段目まで進んでいますね。
大きく分けて、ビジネス、ギャンブル、株式等への投資が上がっていました。このブレーンライティング、アイデアのスタート地点が他者ということで、3分ごとに「何が出るかな?」という刺激的な時間を過ごすことができます。一旦思考をリセットして、切り替えるという訓練を味わっていただきました。

休憩時間。リラックスしていますね~!(東MAXさんみたいな扇子…)

午前の部は、3番目に「パーパスリスト」のワークを実施。「なぜ起業するのか」を突き詰めていただきました。お金のため?何のため? なかなか深く考える機会は多くないでしょう。5分という短い時間ですが、手段-目的-上位目的-最上位目的を整理していただきました。

午後の部は今回のメインイベント、「シックスハット」です。昨年9回実施した、人気の講座です。今回は、「せと・しごと塾の会場である産業支援センターの場所を3年間使えることになりました。チームには3,000万円が与えられ、3年でチームの預金口座を1億円にしてください。」というミッションです。シックスハット経験者は3名。みなさま様子見でしょうか。静かにスタートしました。

チームによっては、キーワードを並べたり、矢印で関連するものをつなげたりと、特徴が良く出ていました。みなが一気にアイデアを出すチーム、全員のコンセンサスを確かめるようにゆっくり進んでいくチーム、これもまた見ていて興味深い結果となりました。

シックスハットは、白・黄・黒・緑・赤・青の順番で実施。青は10分、それ以外はそれぞれ5分です。最後に10分弱まとめの時間を設けましたので、全部で45分くらいです。短時間でどこまでアイデアが出てくるかという訓練というわけです。

「ハッピーファミリー」チームの発表。「高級会員制クラブ」を軸にしたプランでした。入会金を先にもらえば、1億円の道は近いかも。。

「犬めがね」チームは「人間力養成の場」というプラン。公益的な色彩も持つ事業で、助成金を視野に入れたものでした。1億円規模の補助金を受け取る事業でしたら、つなぎ融資で「1億円の預金残高」はクリアかもしれませんね。今回のお題、わざと「預金残高1億円」としてあるので、一時的に1億円があればミッションクリアです。そこに気づいた方はどれくらいいらっしゃったかな??そうだとわかれば、少し事業計画、収益性の敷居が下がります(現実的に意味があるかどうかは別として)。

「世界をめざす既婚者」チームは、「世界に一つのお葬式」。その一つとして、「ガンダム婚」というアイデアが出ました。そのモデルハウス的なものも作るという、ビジネスアイデアでした。こういう極端なもの、いいですね!極端な操作をしてみるというのも、アイデア出しでは多用されます。

他に、KJ法、サーチアンドリアプライ、マインドマップ、MECE、ロジックツリーの解説をして講座を終了しました。ご参加いただいた塾生のみなさまは、きっとぐったり疲れたことでしょう。脳味噌をフル回転、大いに絞っていただきました。今回のような思考フレームワークを知っておくことで、アイデアの引き出しを大きくすることもできますし、会議時間の短縮にもつながります。複数人での会議の際に、「他者の時間も使っている」という感覚を持つだけでも、コミュニケーション能力が大きく向上します。シックスハットは、3回くらい体験すれば自分のものとなるでしょう。1回目より2回目、2回目よりも3回目です。

110.岩屋堂公園の天然プールへ!
初めて岩屋堂公園のプールに行きました。
岩屋堂公園
プールと言っても、川を仕切って水遊びできるようにした場所です。同じ瀬戸ですが、避暑地のような趣きがあるのが岩屋堂です(秋の紅葉ライトアップの時期はたいへん混雑します)。娘は一回水の中に入るとなかなか出ようとしません。水遊び、すっかり大好きになってしまいました。最後は転んで足を擦りむいてしまいましたが、本人にとってどんな記憶となったのでしょうね。

111.契約書作成、チェックの仕事
7月もたくさんの契約書を作り、そしてチェックもさせていただきました。ひな型で片付くような仕事は来ませんので、毎回神経を遣う業務となります。IT絡みの契約書もありました。IT契約書の書籍のニーズも徐々に広がっていくのを肌で感じます。

112.ハードディスク整理
まとまった時間が開かないとなかなかやる気にならないのですが、パソコンの内蔵ハードディスクの容量が残り1GBとなっていたので、一気に整理することにしました。もちろん、外付けハードディスクは1TBのものともう一つありますので、移し替えれば何とかなります。この作業により、空き容量は60GB程度になりました。一安心です!

113.「よく話し、よく遊んでくる」
7/28の日誌にこの言葉が残っていました。娘が私に「よく話し、よく遊んでくる」ということです。こう書き残しているということは、当時、それがよほど嬉しかったのでしょう。家の中が、より安心して過ごせる場所、楽しい場所になってきたのでしょうか。
この笑顔!
また、二語文が増え始めました。7/30の記録を見ると、「ワンワンおなじ~」とか「カキカキする~」などの言葉をしゃべっています。「話したい!」という意欲が強くなっているのがよく分かります。8月から年末にかけては、一気に言葉が溢れてきます!


コメントは受け付けていません。