創業支援のあり方How the biz startup support should be?

2009/10/28 | カテゴリー: 起業全般 | タグ: ,

こんにちは。小坂です。

17:30まで、創業プラザの休憩時間です。

しばしブレイク。

 

最近立て続けに創業支援施設のあり方について、中から外から相談が来ております。

Good afternoon!

Now I am in Sogyo Plaza Aichi.

And I have a break time until 17:30.

公的機関の場合、予算規模によって、できること、できないことがハッキリしてきます。

しかし、各機関はそうも言っていられませんので、与えられた条件の下、いかに最善を尽くすかということが課題となります。

施設によって、最終目的も異なります。税収の増加を目論むのか、雇用効果を期待するのか、それとも地域のチャレンジするという雰囲気を醸成するのか。数字で把握できるもの、できないもの、成果の計り方もそれぞれです。

 

持続する支援体制、そして補助金等に頼らない体制をつくるためには、仕組みを作ることが必要だと考えています。創業支援の仕事をするようになって5年、試行錯誤しながら、理想形を探っています。

 

Recently I have been asked by people inside/outside the incubations.

The public institution, one of the point is budget. If there is a small budget, it is clear what can do and can’t do.

But many incubations can’t say so, the theme of them are how to make the best effort under the given conditions.

Each goals are different. For example, some institution aim at the increase of tax revenues. Others do the increase of employment or make the atmosphere of challenging.

And the measure of results are different. Quantitively measured, or qualitatively.

 

I think the sustainability and independence are keywords. I want to propose and make the scheme.

5 years has passed from I started an entrepreneur support.

I have been looikng for the ideal, with try and error.


コメントは受け付けていません。