2010/01/11

【用語】合成清酒

合成清酒・・・アルコール、しょうちゅう又は清酒とぶどう糖その他政令で定める物品(*下記)を原料として製造した酒類で、その香味、色沢その他の性状が清酒に類似するものをいう。 (酒税法第3条8号)
 
参考:酒税法施行令第3条(合成清酒の原料等) 法第三条第八号 に規定する合成清酒の原料として政令で定める物品は、水のほか、次に掲げるものとする。 一  米、麦若しくはとうもろこし又はこれらのこうじ 二  ぶどう糖以外の糖類、でんぷん質物分解物、たんぱく質物若しくはその分解物、アミノ酸若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機酸、無機塩類、色素、香料、粘ちよう剤、酒類のかす又は酒類(アルコール、しょうちゅう及び清酒を除く。) 三  前二号に掲げる物品を除くほか、財務省令で定める物品(*下記)
 
参考:酒税法施行規則第2条(合成清酒の原料等) 令第三条第一項第三号 に規定する財務省令で定める物品は、ビタミン類、核酸分解物又はその塩類とする。

タグ:

酒類販売免許申請代行の報酬はこちらをご覧ください

小坂行政書士事務所へのお問い合わせ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes