2010/02/01

酒類販売免許の条件緩和申請

「なんのこっちゃ?」というような申請ですが、現在1件この仕事をしています。 お酒を販売する免許を持っているけど、販売方法を追加したい、また販売対象の品目を追加したいというときに必要な申請です。例えば、小売業の免許を持っていて、卸売免許も欲しいとき、この「条件緩和」という申請を行います。文字だけ見ると、少し違和感があるかもしれませんね。 本日税務署に行き、事前調査をしてきました。 酒類販売免許は、条件だけ満たしていれば必ず通るというものではないので、担当官への事前の相談は欠かせません。 諸々の条件を確認し、申請可能であることが分かりました。あとは書類を整えるだけです。 証明書以外は、ほぼ新規免許申請と同程度の書類を作成することになります。ただ、全く新しく免許申請するときと比べると、要件が緩くなっているものもあります。 今日は良い勉強にもなりました。 また次回以降の仕事に活かせるでしょう。 丁寧に応対してくださった税務署の方、ありがとうございました。

タグ:

酒類販売免許申請代行の報酬はこちらをご覧ください

小坂行政書士事務所へのお問い合わせ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes