2014/05/04

輸入酒類の関税・酒税

時々ご質問いただく「輸入酒類に要する関税」「酒税」。

参考までに、税関のホームページをご紹介します。

3105 酒類の輸入について

輸入酒類の酒税と関税

(注1)簡易税率とは、課税価格の合計額が10万円以下の一般輸入貨物及び国際郵便物に対して適用される税率です。

(注2)スパークリングワイン及び強化ぶどう酒(シェリー、ポートなど)を除き、2L以下の容器入りにしたものに限ります。

(注3)輸入しようとする貨物のアルコール分などにより税率が異なりますので、最寄りの税関相談官までお問い合わせください。

(注4)詳しくは、最寄りの最寄りの税務署を担当する酒類指導官までお問い合わせください。

(注5)アルコール分が37度を超える1度ごとに10,000円/KLが加算されます。また、発泡性のない酒類で、アルコール分が13度未満のものについては、アルコール分が9度未満で80,000円/ kℓ、9度以上13度未満で80,000円に8度を超える1度ごとに10,000円が加算されます。

(注6)アルコール分が12度を超える1度ごとに10,000円/KLが加算されます。また、発泡性のない酒類で、アルコール分が12度未満のもの(リキュールに限ります。)については、アルコール分が9度未満で80,000円/ kℓ、9度以上12度未満で80,000円に8度を超える1度ごとに10,000円が加算されます。

また、輸入する際にラベルを日本語で表示するのですが、その見本は下記の通りです。

輸入酒類のラベル見本
(税関ホームページより)

「表示方法届出書」という書類を作成して届出を行います。

*なお、当事務所は税関手続きの代行は取り扱っておりませんので、ご了承ください。

酒類販売免許申請代行の報酬はこちらをご覧ください

小坂行政書士事務所へのお問い合わせ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes