見出し 酒類小売業

酒類小売業免許は、次の3種類に分類されます。

1.一般酒類小売業免許
販売場において、原則としてすべての品目の酒類を小売することができる酒類小売業免許


2.通信販売酒類小売業免許
2都道府県以上の広範な地域の消費者等を対象として、インターネット、カタログの送付等の方法により一定の酒類を小売することができる酒類小売業免許 なお、販売できる酒類は、(ⅰ)課税移出数量が3,000kl 未満の製造者の製造する国産酒類、(ⅱ)輸入酒類に限定


3.特殊酒類小売業免許
酒類の消費者等の特別の必要に応ずるため、酒類を小売することができる酒類小売業免許 (例)自社の役員及び従業員に対する小売原則として、すべての品目の酒類を卸売することができる酒類卸売業免許


当事務所では、酒類小売業のうち、一般酒類小売業免許通信販売酒類小売業免許の代行申請を取り扱っております。 ■酒類販売免許申請代行の報酬はこちらをご覧ください

小坂行政書士事務所へのお問い合わせ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes